創価がアカンと思った瞬間シリーズ。

今日からは、僕が創価はアカン終わった。と思ったシリーズをやろうと思います。


まず、まだ数年前のホヤホヤのやつから、

当時、僕は創価のヘンテコリンに気づきながらも、どこ行っても同じだから、創価で頑張ろうと思うレベルのころの話しです。


僕は何回か引っ越しをしていて、その時も引っ越して数カ月の頃だった。


なかなか40代の活動家でもヤングらしく(笑)とても期待されていた。


ある時、支部長と家庭訪問に行くことになった。何時ものようにある程度部員さんのお宅を訪問して、座談会の日時や日常会話をして、終わるのかと思ったら、気合の入ってしまった支部長が、、


梵我くん!今日は行き難いところを回るぞ!

となった。


男子部時代の創価に一点の不信も無い僕なら率先して特攻をかまし、幾人の活動家を作った男だが、この頃はヘンテコリンに気づいていたから、、、、


はぁ〜メンドクセーなぁと思ってついて行った。


そして、ある一人の30代の未活動のかたのお宅に行った時だった。


奥さんが出てきて、主人は留守ですと仰ったが明らかにイル。僕はそうですかまた来ますと言ったが、支部長は食い下がった。(笑)


すると、玄関のドアが開き、鬼の形相の主人がツカツカと歩み寄って来た。


そして、開口一番、


いい加減にしろ、鬱陶しいんだ!2度とこないでくれ!信仰も親がやってただけだ!

俺は関係ない!ハム党も一番嫌いな党だ!


こんなような事をガー!っと捲し立てた。


支部長は必死に話を逸らそうと、主人の車に目をやり車を褒めたが、火に油を注ぐ結果になって余計叱られていた。(笑)


それで、支部長はこう言った、、、


ご主人さん!わかりました。もう二度と来ません。その代わり一つだけ、一つだけ言わせて下さい!


さぁ皆さん(笑)ナンテ言ったと思います?

僕はこの時、あっ支部長スゲー、

南無妙法蓮華経の題目だけは忘れないで!みたいな事をいうのかな?と思ったんだけど、


実際は、、、、


ハム党だけは!ハム党だけは、お願いします!


と言ったんだ。


その時僕は確信した。


あっ、これ日蓮仏法じゃねーな。


間違いない。


その2に続く。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。